原書から学ぶオシャレな英語⑵

ー基本単語の意外な用法ー

中学校で習った基本的な単語に意外な意味を見つけることがあります。
これだから言葉っていうものは面白い。

へぇーー!😮


ではここで問題です❗️
『彼女は成功するためなら何でもした。』
という日本語を英語に訳してみてください。

素直に英訳するとこんな感じ…
She did everything to succeed.
(anything)

これが、

She stopped at nothing to succeed.

とも言うそうで、ビックリしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
●stop at nothing 何でもする
●stop at 名詞 (名詞、又は動名詞)のみする
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

この用法を見つけたきっかけが以下の一文です。

Spider stops at web weaving.
クモは巣作りしかしない。

この用法は、もしかしたらネイティブしか使わないのかも知れません。ネイティブと言っても国や地域によって違いますが、知っておいて損はないかも。

この意外な意味、stop に由来するというよりは、at から来ているみたい。

stop も at も身近な単語なのに、奥が深いですね。

at の『あっ』と驚く用法は
また後日に…

f0325471_09291703.jpg















英会話しませんか?

人気占い師ならエキサイト


⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
☆ 当ブログの内容は全て「著作権」が大海に発生しております。
☆  無断転載・転用は固くお断りいたしております

by yoshian-t | 2018-02-04 09:30