妻は夫が恐怖の対象になっています

妻が夕食の支度をしているのに、
夫は「遅いなぁ~」と文句を言う。

妻は「ごめんね、もうじきできるから。」
夫は舌打ちをして「腹が減っているんだよー」
妻は「ごめんね」と謝る。


出来上がったお料理に対して夫は、
「味が薄い!」とため息をつかれ、
妻「ごめんね」とまた謝る、

夫はもういいと怒ってシカトされてしまう。


このように
文句、舌打ちやため息、急にシカトされ、
その度に妻が謝っていれば
妻は夫が恐怖の対象になっています。

夫は自分が恐怖の対象であることには、
気づいていないので
夫の妻に対するモラハラになっています。


本来ならば、
妻が夕食の支度に時間がかかっていたら、
夫は「何か手伝うことはない?」と言い、
妻は「うん(^^♪ お願いね」
など協力関係になるはずです。

出来上がったお料理に対して夫は、
「今日は味が薄いから、京風だね…美味しいよ」
妻「嬉しい(^^♪」

夫婦間は支配関係ではなくて対等な関係です。

しかしモラハラでは夫婦は対等関係ではなく
夫による恐怖での支配で、
妻がその恐怖を受け入れています。

なぜなら夫に逆らうことが
恐怖そのものですからできないのです。

夫は自分が恐怖の対象とは思ってもいなくて
妻が自分にかしずいていると勘違いをしています。


出来上がったお料理に対して夫にため息をつかれ
「味が薄い!」
妻「ごめんね」

夫はもういい!と怒って
急にシカトされてしまいます。

モラ夫の扱い方としては、

妻が一所懸命にこしらえた夕食に対して、
夫が「遅いなぁ~」と文句を言ったら、
「あなたこれを手伝って!」
「棚の2段目の引き出しにしまってある
大きなお皿を2枚持ってきて。」
など具体的に言うと、
単純な夫はわかりやすいので
手伝うことができます。

夫は舌打ちをして「腹が減っているんだよー」
それに対して妻は
「スープをこしらえてレンジで温めているから、
チンしたら飲んでいてね」
モラ夫は5歳児のように待てないのですから、
前前菜、スープ、前菜など用意しておけば
その場は喜びます。

これなら対等ですね。

モラ夫に文句を言わせない工夫が必要です。


私は5歳まで両親と暮らしていたので、
5歳までの私の記憶ですが、
モラ夫の父は母から用事を頼まれると、
5歳児のようにはしゃいで嬉しそうでしたが、
その後母は褒めなかったので父は拗ねて
またモラ夫に戻ってしまいました。

夫の態度や言い方で以下に心当たりがあれば
モラ夫の可能性が高いです。
・妻が作る食事に対して文句、舌打ちやため息、そして急にシカトする。

・「そんなもの買うぐらいなら貯金しろ!」など細かく口出しして、家計の全責任を妻に押しつける。
・「お前はおかしな女だ」というような言葉を繰り返し言う。

❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤ ❤
◇ 夫婦問題
・夫の心の奥に潜む心は何?
・夫のモラハラを止めさせたい
・夫は浮気性なのか
・夫とはソウルメイトか
・夫の仕事運は
・夫の仕事運を向上させるには
・私の守護霊は
・夫婦関係修復の方法は
・夫とは別れた方が良いのか迷っている

人気占い師ならエキサイト


口コミ
エキサイト電話占いで相談をご利用いただいたお客様から大海に寄せられたご感想です。
※ お客様の承諾を得て掲載されております。


f0325471_18583421.jpg




















⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
☆ 当ブログの内容は全て「著作権」が大海に発生しております。
  無断転載・転用は固くお断りいたしております。



by yoshian-t | 2017-12-27 10:27 | ◆ モラハラ