不登校のわが子との触れ合い

不登校になったお子さんの、


お母さんの中には、


不登校になったことに対して、


自分を責めてしまいます。


自分を責めてしまうと、


悪いところをばかりを強く意識して学習するので、


子供は「お母さんは私を見ていない!」と思い、


ますます学校へ行かなくなります。


自分を責めるのではなく、


わが子との心の触れ合い、


親子で一緒にお買い物へ行ったり、


一緒に遊ぶ楽しむことが大切です。


お子さんは、


楽しそうにしているお母さんと、


触れ合うことで元気が出てきます。


学校へ行かないことに、


意識を向けるのではなく、


学校へ行かれないわが子の、


心の痛みに意識を向けるのです。


しかしお母さん自身が、


エネルギーが不足していると、


お子さんヘ分けてあげる、


エネルギーが出て来ないので、


つい叱咤激励してしまいますね。


お母さん自身の、


心の安らぎを取り戻しましょう。


それには無理しないことです。


「一生懸命子育てしてきたから、これでいいんだ!」


「わが子がいるだけで幸せ!」


と思うようになれたら、


一緒に楽しい時間を過ごしましょう。


そうするとお互いに、


エネルギーが湧いてきます。


このエネルギーが、


すべての問題を解く基礎になります。


⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

お子さんの気持ち、子育て、夫との関係、ママ友など・・

ささいなことでもひとりで悩まないで、安心してお電話ください。

◇ 親子
・子供が言うことを聞かない
・勉強をしないので心配
・学校へ行かなくなった
・いじめられているどうしたらよいのか!
・子供は何に向いているか!
・引きこもってしまった!
・兄弟の仲が悪いので困っている


口コミ

エキサイト電話占いで相談をご利用いただいたお客様から大海に寄せられたご感想です。
※ お客様の承諾を得て掲載されております

茶道教室

          
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
☆ 当ブログの内容は全て「著作権」が大海に発生しております。
☆  無断転載・転用は固くお断りいたしております


by yoshian-t | 2017-07-18 23:03 | ◆ 親子